ニキビケア!お悩み解消ブログ

ニキビを解消するためにケアする方法について考察するブログです。

ニキビとホルモンバランス

顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗おうとした時などにちょっと触っただけでも痛みや刺激を感じるようになります。

ですから、炎症を起こしている場合は、いくら気になっても指で触るのは絶対にやめてください。

触ると痛いというだけではなく、それが原因で指から雑菌が入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。ニキビケアに栄養管理が必要です。

脂質や糖質を多く含んでいる物を摂取し過ぎることはニキビの起こりになります。チョコは脂質も糖質も多分に含んでいるので、あまり取り過ぎないようにした方が無難です。

カカオの含くまれる確率が高くて糖質の少ない物は肌にもいいので、とても食べたい時には成分表をよく確認しましょう。私のニキビに対する対応策は、どんなに寝たくてもメイクは必ず落としてベッドに入ることです。

メイクアップすることにより、お肌への影響が大きいと思うので、お肌を休憩させてあげたいのです。

クレンジング化粧品にも気を使っています。オイルで落とすタイプや拭き取るタイプなど多種多様なものを試してきましたが、ミルクベースのメイク落としがお肌への作用がマイルドだと思いました。吹き出物が出来ると本当に憂鬱な気分になります。

でも、実はお肌の調子って腸内の調子と深く関係があるらしいので、腸内の環境を良くしたら、さっぱり消えてくれます。

まずは、腸内すっきり快便生活から始めるためにりんごなどの食物繊維が多いものを食べて、不要なものを体外へ出していったら、ニキビもきれいに消えてしまいます。

女性によくみられるニキビの原因のひとつとして女性モルモンのバランスが保持されないことが影響しています。女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けると簡単に崩れてしまうと耳にします。

生理前は特別女性ホルモンが激しく乱れます。ニキビに悩まされる女性が増えるのも実はこの女性ホルモンの乱れによって起きているのです。ニキビが気になってしまうからといって洗顔をあまりにし過ぎると、必要なはずの油脂までも落ちてしまい、かえって逆効果になります。

どれだけ多くても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大事なのは洗顔料をしっかり泡立て、直接肌に手を触れさせずに、あくまで泡で洗顔をすること、洗顔後は間を空けず保湿をすることです。妊娠期間の初期の頃にはホルモンバランスが乱れてしまいますからお肌にニキビができやすくなります。

また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビができる原因となります。さりとて、抗生物質などは使用が出来ません。ホルモンバランスを整えていけるように、この時期にはリラックスして、休養するようにしましょう。ニキビができてしまう理由のひとつに、乾燥が含まれています。

ニキビは余分な油脂が原因でできているんじゃなかったの?と不思議に思う人も少なくないかもしれません。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがもとでニキビができてしまうのです。

Copyright (c) 2014 ニキビケア!お悩み解消ブログ All rights reserved.