ニキビケア!お悩み解消ブログ

ニキビを解消するためにケアする方法について考察するブログです。

ニキビケア医者にかかるとどうなる

昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、友達にも心配されてしまいそうな状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。先生から、塗り薬を出しますので、塗布して下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を与えられました。ステロイド系の塗り薬は効果覿面ですが、強い薬ですので、患部が改善してきたら塗る間隔を微量にしていかないとならないそうです。ニキビが酷くなった場合、芯を持ったような感じで固くなり、触ると痛いといった症状が見られます。ニキビが出来たら、ついその箇所を確かめたくなって触ってしまいそうになることがありますが、触ってしまうとさらに雑菌が入って長引いてしまう可能性があるので、ニキビケアのクリームなどでケアをして、清潔に保つように心がけましょう。

角栓が毛穴を詰まらせることが、ひとつの、ニキビができる原因です。

ついつい指で角栓を押して押し出してしまうと、その部分にニキビ跡ができる原因となります。

角栓をつくらせないように、それを悪化させないようにするには、肌の保湿をしっかりすること、余分な皮脂を毛穴に溜めないことが重要です。

ここのところ、重曹がニキビケアに有効だとよく取り上げられています。

弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。

ただし、重曹には研磨効果もあるので、洗顔に使用すると肌を傷つける場合もあるため、注意を払いながら試す必要があります。

一般的にニキビになると潰すのが常のようです。

結果、跡が残るから潰すな、というのがよく聞く説です。できるだけ早く治すには、ニキビ用の薬が最良かと思います。ニキビ跡にも効きます。顔を洗って、化粧水・乳液をつけて、ニキビのところにだけ薬をつけます。

ニキビを治癒するには、ザクロが役立ちます。

というのも、ニキビはホルモンバランスの乱れた時やお肌の細胞がきちんと入れ替わらない時に、できてしまいます。ザクロの効果には、余分な皮脂が出る原因になる男性ホルモン分泌をブロックし、代謝を上げることができる成分がたくさん入っているため、しっかりニキビを治すことができるのです。

どうしてニキビができるのかという理由のひとつに、乾燥が含まれています。肌の余分な油脂のせいじゃないの?とびっくりしている人もたくさんいらっしゃるでしょう。当然、余分な油脂のせいで毛穴が詰まるのも原因のひとつなのは事実ですが、そう思って逆に油脂を落としすぎてしまうと、そのせいで肌が乾燥し、それがニキビができる原因となってしまうのです。

肌にできたニキビを無理やり潰すと、膿が中から出てきます。もっと潰すと今度は芯が出ます。これがニキビの元なのですが、無理やり潰して芯を出すことはあまりお勧めできることではありません。

無理に潰すことになる訳ですから、また一段と炎症は広がることとなります。ニキビ跡が残ってしまうことも多くあるので医薬品などをつけてじっくりと治しましょう。

Copyright (c) 2014 ニキビケア!お悩み解消ブログ All rights reserved.