ニキビケア!お悩み解消ブログ

ニキビを解消するためにケアする方法について考察するブログです。

ニキビケアのための基本情報

ニキビを気にしているからといって洗顔をやりすぎると、必要なはずの油脂までも落ちてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。

多く洗うとしても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。大切なのは十分に洗顔料を泡立て、お肌には直接手を触れずに、泡を使って顔を洗うということ、顔を洗った後にはすぐ保湿をすることです。

顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗おうとした時などに少し触っただけでも痛みを感じたり刺激を感じたりします。

そのため、ニキビが炎症を起こしてしまったら、どれほど気になったとしても決して指で触ってはいけません。指で触ると痛いだけではなく、雑菌が指から入って、さらに症状がひどくなってしまうことがあります。

昔、ニキビが顔の上部にいっぱい出てきてしまった時に、自分でも可哀想になるくらいの状態だったので、先生に診てもらうことにしました。

先生に、薬を出しますので、塗って様子をみてくださいと言われ、ステロイド系の薬が向いているとの診断で、処方されました。

ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、刺激があるので、状態の改善が見込めたら塗布する割合を少なくしていかなければならないそうです。

実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20代以上になるとニキビという言葉は使わないなんていう話をよく聞きます。

この前、何年ぶりかで鼻の頭にでっかいニキビがあったので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、言われました。ご存知かもしれないですが、ニキビを予防するには、様々な方法があります。皆さんがご存じなのは、洗顔になると思います。顔は水だけで洗わずに、洗顔フォームを使って洗うと、さらに予防効果は高まります。

洗顔したら、化粧水の利用により、ニキビ予防効果を更に高めることができます。実際、ニキビがおでこにできてしまうと、なんとしても前髪で隠そうと思ってしまいます。

しかしながら、それはニキビを余計に悪化させてしまう原因ともなるので、できるだけ前髪で隠す行為はせずに前髪がニキビには触れないように刺激を与えないことが重要です。ニキビを治すには、ザクロが効果を発揮します。

ニキビはホルモンバランスが悪い時やお肌の細胞がきちんと入れ替わらない時に、生じます。

ザクロには、ベタベタ肌の原因となってしまう男性ホルモンが出てしまうのを制し、代謝を活発にする成分がたっぷり入っているので、根本からニキビを治癒することができるのです。冬は乾燥が不安になって色々と皮膚のお手入れをしますが、そのようなケアが逆にニキビが増える要因になっているように思うことが時々あります。

普段は使用しないようなオールインワン化粧品などを使用することがお肌を刺激することになり、毛穴のつまりや炎症をもたらして、冬でもニキビが発生してしまうことがあるそうです。

こちら

Copyright (c) 2014 ニキビケア!お悩み解消ブログ All rights reserved.